秋のまどろみコンサート Vol.7 のお知らせ

秋のまどろみコンサート Vol.7

主よ人の望みの喜びを~バッハによる至極のまどろみ

秋も深まる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今年もまた更に深い内容によって勤労感謝の日に開催する運びとなりました「眠ってもいいコンサート」・・・「秋のまどろみコンサート」は今年で7回目を迎えることになりました。今回は「音楽の父」バッハの崇高かつ厳粛な作品による「バッハによる至極のまどろみ」というテーマで秋の安らぎのひと時をお送りいたします。

実は私は今までバッハの作品をプログラムに積極的に取り上げることはあまりありませんでした。ところが最近バッハの曲を弾く機会があり、その曲の仕上げの際に意外としっくりと向かい合うことができました。音楽の捉え方が成熟したのか、自分自身の好みが変わったのか、これまで知らなかったバッハの魅力に気づくことができました。

今回は、前半は自信の編曲も含めてバッハの心地よい作品によるまどろみ部分と後半の第2部は「音による風景」と題し、音楽によって表現される風景、情景、すなわち音楽の雰囲気で景色が思い浮かぶような曲を選びました。

コンサートの情報は以下の通りです。

チラシ表

 

秋のまどろみコンサート Vol.7 ◆開催日 2017年11月23日(木・祝)

◆会場:松代文化ホール(長野県長野市:長野ICより車で10分)

◆開園 13:00(開場12:00)◆入場料 2500円(税込)(ドリンク、アイマスク付き、要予約)

 

【プログラム】

第1部 バッハの作品によるまどろみ部

1.平均律クラヴィーア集第1巻よりハ長調 2.主よ、人の望みの喜びを(ヘス編曲)3.フルートソナタ変ホ長調よりシチリアーノ(ケンプ編)4.G線上のアリア(久保田千裕編)5.トリオ・ソナタBWV529よりラルゴ(フェインベルグ編)6.ヴァイオリンソナタホ長調よりガボット(ラフマニノフ編)7.コラール「イエスよ、汝今天より降りたまい」BWV650 (フェインベルグ編) 8.イタリア協奏曲ヘ長調より1楽章

第2部 音で奏でる風景

●メンデルスゾーン「春の歌」 ●グリーク 抒情小曲集「トロルドハロゲンの婚礼の日」● ドビュッシー 「月の光」 ●リスト「エステ荘の噴水」 ●リスト「ベネチアとナポリ」

 (プログラムは予告なしに変更する場合がございます。)

 

お手数ですがチケットのご予約、申し込みはContactのページよりお願いいたします。

 

 

 

長野県長野市出身。桐朋学園大学音楽学部、オーストリアのザルツブルグ大学モーツァルテウム音楽院を経て、2006年同大学院演奏学科コースを最高位で修了。2009年、東京文化会館で日本演奏連盟の「演連コンサート」でデビュー。同年11月には、サントリーホールでのソロリサイタルを行う。2012年、長野、東京の2会場にて「展覧会の絵」のプログラムによるソロリサイタルを行い、好評を得る。2010年度国際芸術連盟音楽賞受賞。これまでにピアノを山本昇、池本純子、篠井寧子、園田高広、M.クリスト、P.ラング、H.ライグラフ、三木裕子の各氏に師事。現在、桐朋学園大学音楽学学部ピアノ科及びソルフェージュ科非常勤講師。日本演奏連盟会員。
2010年より毎年好評をいただいている「まどろみコンサート」をCD化したものです。そのコンサートの中から久保田千裕が選んだ曲を中心に、さらに新しい癒しの曲目を入れながらご家庭でもまどろみコンサートを楽しめるような選曲になっています。
久保田千裕 待望のファーストアルバム 心に染み入るフレッシュな音色。 ブリリアントなタッチによる 新しいモーツァルトの世界。