秋まどろみコンサート 無事終了いたしました。

11月に都内でも初雪が降り、冬に向けて急に季節が加速しました。銀杏の木の葉も今日の強風で一気に散りまして辺り一面黄色いじゅうたんに染まりました。

先日開催されました第6回秋のまどろみコンサート、おかげ様でいままで以上に私自身も楽しませていただきました。
ブラームスの作品を存分に楽しんでいただけたのではないかと思います。多少日にちが経過してしまいましたが、コンサートで披露させていただいたアンコールの曲をご紹介させていただきます。

1曲目 ブラームス ハンガリー舞曲 第5番(2手用)
2曲目 ブラームス 間奏曲 作品117の3

これからもこの勤労感謝の日を皆様と共にまどろむ日にできますように、また皆様を音楽によって楽しませることができますように。秋のまどろみコンサートをさまざまなプログラムによって発展させていけたらと思っております。来年も開催が決定いたしました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

長野県長野市出身。桐朋学園大学音楽学部、オーストリアのザルツブルグ大学モーツァルテウム音楽院を経て、2006年同大学院演奏学科コースを最高位で修了。2009年、東京文化会館で日本演奏連盟の「演連コンサート」でデビュー。同年11月には、サントリーホールでのソロリサイタルを行う。2012年、長野、東京の2会場にて「展覧会の絵」のプログラムによるソロリサイタルを行い、好評を得る。2010年度国際芸術連盟音楽賞受賞。これまでにピアノを山本昇、池本純子、篠井寧子、園田高広、M.クリスト、P.ラング、H.ライグラフ、三木裕子の各氏に師事。現在、桐朋学園大学音楽学学部ピアノ科及びソルフェージュ科非常勤講師。日本演奏連盟会員。
2010年より毎年好評をいただいている「まどろみコンサート」をCD化したものです。そのコンサートの中から久保田千裕が選んだ曲を中心に、さらに新しい癒しの曲目を入れながらご家庭でもまどろみコンサートを楽しめるような選曲になっています。
久保田千裕 待望のファーストアルバム 心に染み入るフレッシュな音色。 ブリリアントなタッチによる 新しいモーツァルトの世界。