BIOGRAPHY
やわらかな音色を奏でるピアニスト

久保田 千裕/KUBOTA CHIHIRO
長野県長野市出身。桐朋学園大学音楽学部、オーストリアのザルツブルグ大学モーツァルテウム音楽院を経て、2006年同大学院演奏学科コースを最高位で修了し、ディプロマを取得。2006年12月の帰国記念コンサートと、2007年7月の小布施国際音楽祭にてチャイコフスキーのピアノ協奏曲1番をensemble NOVAと共演する。同年10月には外山雄三氏の指揮でベートーヴェンのピアノ協奏曲5番《皇帝》をオーケストラ・アンサンブル金沢と共演。2008年2月には難曲として名高いラフマニノフのピアノ協奏曲3番を長野フィルと共演、好評を得る。2009年、東京文化会館で日本演奏連盟の「演連コンサート」でデビューを飾る。その後11月にもサントリーホールでのソロリサイタルを行う。2012年、東京と長野の2会場にて「展覧会の絵」のプログラムによるソロリサイタルを開催し好評を得るなど、積極的に活動の場を広げている。2010年度国際芸術連盟音楽賞受賞。これまでにピアノを山本昇、池本純子、篠井寧子、園田高広、M.クリスト、P.ラング、H.ライグラフ、三木裕子の各氏に師事。CDは現在「モーツァルト ピアノソナタK.330-K.332」、シリーズ化している松代文化ホールにおけるスリーピングコンサートの癒しの名曲を集めた「sotto voce」の2枚が好評発売中。現在、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科、ソルフェージュ科非常勤講師。日本演奏連盟会員。

DISCOGRAPHY
ベーゼンドルファーの心優しいぬくもりを sotto voce
音楽には、人の五感にさりげなく、そっとそばに寄りそってくれるような優しさとぬくもりが備わっていると思います。そしてピアノに<人格>があるとするならば、<ベーゼンドルファー>ほど心優しく、そのぬくもりを感じられる音色のピアノはないと思います。- 久 保 田  千 裕 -
久保田千裕 待望のファーストアルバム Wolfgang Amadeus MOZART(1756-1791) PIANO SONATAS K.330, K331, K.332
心に染み入るフレッシュな音色。ブリリアントなタッチによる新しいモーツァルトの世界。Piano sonata in C major K.330 Piano sonata in A major K.331 “Alla turca” Piano Sonata in F major K.332
モーツァルトの故郷、ザルツブルクに六年留学し帰国後、制作したファーストアルバムです。フレッシュな音色とブリリアントなタッチによる、新しいモーツァルトの世界を、久保田 千裕が表現した三曲のピアノソナタが収録されています。